ドローンによる空撮・撮影サービスなら秋田県秋田市|リバーテクノデザイン

ドローンによる空撮と編集をワンストップでご提供!ハイクオリティの写真・映像ならお任せください。

リバーテクノデザイン

ホーム ≫ 空間基盤データ作成

空間基盤データ作成

空間基盤データ作成
撮った写真や映像をより有益に、より高度に活用できます!
弊社では、撮って終わりではありません。
空撮画像から三次元地形データを作成したり、オルソモザイク写真を作成するなど、様々な画像解析を一貫して行う体制を整え、お客様のご要望に的確にお応えします。

サービス内容

基準点測量(GPS測量)
ドローン飛行前に対空標識を設置することで、より精度の高いDEMや3Dモデルを作成でき、建設・建築分野で実用的な成果品をご提供します。
測量士が対空標識のGPS測量から撮影・画像解析まで一貫して行います。
オルソフォト作成
複数の空撮写真を専用アプリケーションで解析し、歪みのないオルソフォトを作成します。
オルソ化された写真は平面図と重なりますので、応用範囲は広いものとなります。
3次元モデル構築
複数の空撮写真を専用アプリケーションで解析し、一目瞭然の3Dモデルを作成します。地形の起伏が忠実に再現できますので、土量計算や各種計測に活用することが可能です。

ドローン空撮測量 ワークフロー

STEP1

飛行計画書の作成
  • 撮影機材の選定、撮影縮尺の決定(撮影高度または 撮影縮尺、撮影重複度等)、撮影航法の選定、飛行 経路の設定、飛行条件、作業体制など

STEP2

対空標識の設置・基準点測量 (GPS測量)
  • 飛行計画書に基づき対空標識(標定点)の設置
  • 測量士による基準点測量もしくはGPS測量

STEP3

現地踏査
  • 支障条件を抽出し、影響回避対策を検討
  • 電波を計測し、強度の電波発生源と周波数帯を特定
  • 必要に応じて飛行経路を微調整

STEP4

自動航行・空撮
  • 実施事項と注意事項の最終確認
  • 飛行設定および撮影設定に基づき自動飛行撮影
  • お客様による空撮データの確認

STEP5

データ処理・ 画像解析
  • データをクラウドとモバイルPCにアップロード
  • 自社サーバーで解析
  • オルソフォト、DEM、3Dモデル等を作成
  • 工事出来形管理などに活用

お問い合わせはこちら

お問い合わせ
リバーテクノデザイン

ドローンによる空撮は
公共事業で実績多数の弊社にお任せください

018-816-0404

otoiawase@rtd-drone.com

モバイルサイト

リバーテクノデザインモバイルサイトQRコード

リバーテクノデザインモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

  • はてなブログ
  • Facebook