ドローンによる空撮・撮影サービスなら秋田県秋田市|リバーテクノデザイン

ドローンによる空撮と編集をワンストップでご提供!ハイクオリティの写真・映像ならお任せください。

リバーテクノデザイン

ホーム ≫ 空撮・映像制作

空撮・映像制作

空撮・映像制作
今までにない新しい視点から迫力ある映像をお届けします
弊社では、ドローンという言葉が普及する以前からいち早く業務に取り入れ、災害復旧調査などに有効活用してきました。
豊富な操縦経験と撮影技術をもって画期的で有益な映像をお客様にお届けします。

サービス内容

空撮・映像制作サービス
自治体向けサービス、企業向けサービス、個人向けサービス
測量、災害調査、構造物点検
ドローンを活用した測量・点検では従来の地上からの作業と比較し、人件費が大幅に削減でき、安全に短時間で必要なデータを得られます。
i-constructionへの早期対応をサポートします。
太陽光パネル点検
可視カメラと赤外線カメラを使って、外的損傷と機械異常を正確に点検します。
ドローンによる点検は従来の人的な点検の1/10以下の費用でホットスポットの検出が可能になります。
風力発電設備点検
人が検査することが困難な高所はドローンによる点検が有効です。
気圧センサーにより損傷箇所の位置が正確に特定できます。
なお、衝突回避センサーによって設備への接触を回避することができます。
不動産PR
開発事業のプレゼンテーションや、宅地分譲地の広告、その他販売物件を上空からの映像で強烈にアピールができます。
ソーラーパネルを設置した物件や、デザイン性の高いデザイナーズハウスなどのアピールに大変有効です。
企業PR,観光PR
ゴルフ場のPRには鳥の目線で追うドローン空撮が最適です。
クラブハウスやWEBで映像を公開することで、利用者の戦略的プレーを可能にし、リピートを確保します。
自治体の観光施設や風景地をダイナミックに撮影して、観光客の積極的な誘致につなげます。
結婚式,各種イベント
挙式される方々の結婚式や前撮りに向ける要望は年々多様化し、また独創性が強いものになりつつあります。
ドローンによる空撮映像で魅せる映像を提供し、お客様の満足度向上につなげます。

サービスの特長

リバーテクノデザインの空撮の特長
お客様に安心して選ばれる理由
0000462918.png
証明された操縦技術で安全な空撮映像を
弊社代表の牧野 和彦は、ドローン操縦技術を第三者によって評価・証明されたパイロットです。

★DJIスペシャリスト技能試験
★無人航空従事者試験(ドローン検定)一級
★UAV(ドローン)競技会準優勝
★UAV官民協力事業者に指名 (国土交通省東北地方整備局と締結)
飛行が困難な場所やGPSが機能しない屋内でも正確に操縦可能です。
0000462919.png
高い専門性を持った専任パイロット
建設業(建築・土木)の空撮は、航空測量に通じた測量士が対応しないと撮影後のトラブルになりがちです。
弊社では測量士がお客様のご指示やご要望に的確に対応することが可能です。
映像演出を理解したブライダルカメラマンのカメラワークは、GPSで飛ばすだけの操縦者とは一線を画します。クオリティの高い映像をお客様にご提供いたします。
0000462920.png
安全絶対の公共事業で 運用実績が豊富
ドローンの飛行にあたり、独自の運航基準と飛行マニュアルを作成し、空撮従事者に徹底しています。あえて厳しい運航基準を自社に課すことによって空撮の安全性を高めています。その厳密さと徹底ぶりは他社から驚かれるほどです。
包括申請
年間許可承認(包括申請)取得済み
国土交通大臣から無人航空機飛行に係る許可・承認を得ています。
人口密集地区、機体が目視不可の環境、物件から30m以内の飛行など、法律上制限のかかる飛行が通年して可能ですので、急ぎの案件に迅速対応可能です。
0000462923.png
各構造を熟知し、自作調整できる技術
ドローンの点検調整を細部まで徹底し、蓄積された技術が弊社にはあります。
整備点検は自作技術につながり、ヘキサコプターを自社製作するに至りました。
機体に細心の注意を払い、責任を持って飛行させています。
0000462922.png
撮って渡して納品終了…ではありません
3Dデータの生成、オルソモザイク写真の生成、3DモデルのVR表示など、様々な画像解析をワンストップで実現します。
映像制作においても撮影から動画編集まで一貫して行えるため、低価格でクオリティの高い映像をご提供できます。

安全対策について

「万が一事故が起きたら…」、「安全対策は?」
「いつでもどこでも飛ばせるの?」
安心してご利用いただくためにご説明いたします。
安心
対人賠償:上限1億円
対物賠償:上限5,000万円
引受け会社:三井住友海上火災保険株式会社
万が一の場合に備えて対人対物賠償責任保険に加入しています!
フライト経験豊富なパイロットでも突然の天候の変化等による風の影響や電波状況等、予期せぬアクシデントに陥る可能性があり、予想外の事故が発生する可能性をゼロにすることは出来ません。
そのことから弊社では万が一の備えとして対人対物賠償責任保険に加入しています。
2017年現在、飛行事故件数はゼロで上記保険の適用はしておりません。
安全
飛行条件の順守
運航基準,飛行マニュアルの徹底
アクシデントの可能性を低くする。それは飛行前にできることがほとんどです!
リバーテクノデザインでは折角ご相談いただいた空撮案件をお断りする場合があります。 その理由は安全を第一に考えているからです。
また、「事前の現地踏査(ロケハン)なしで当日いきなり撮影して欲しい」…このようなご依頼もお断りしています。弊社ではロケハンは必須とさせて頂いています。
より安全な飛行を目指し、基本的な飛行条件を順守することはもちろんのこと、運航基準と飛行マニュアルを徹底し、お客様にご迷惑をかけないよう心掛けています。
そのためにお客様にも注意事項をご確認いただき、空撮についての同意書に記入いただいております。お手数をおかけしますが、安全性向上のために必要なこととご理解いただければ幸いです。
弊社の飛行条件はこちらからご確認いただけます。
法律
人口密集地区飛行:許可済
目視外飛行:承認済
人または物件から30m以内の飛行:承認済
国土交通大臣から無人航空機飛行に係る許可・承認を得ています!
航空法に定められた飛行禁止空域のうち、人口密集地区では許可なくしては飛行ができません。また、機体が目視できない環境や、人または物件から30m以内の飛行は承認を得ないと飛行させることができないことが航空法で定められています。
弊社では年間包括許可・承認を頂いておりますので、以上のような飛行が問題なく可能です。
昨今、国土交通省では飛行許可・承認にあたり飛行経験と実質飛行時間を重要視し、飛行時間が短い申請者への許可・承認は難しくなってきています。

お問い合わせはこちら

お問い合わせ
リバーテクノデザイン

ドローンによる空撮は
公共事業で実績多数の弊社にお任せください

018-816-0404

otoiawase@rtd-drone.com

モバイルサイト

リバーテクノデザインモバイルサイトQRコード

リバーテクノデザインモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

  • はてなブログ
  • Facebook