ドローン空撮は秋田県秋田市|リバーテクノデザイン

ドローンによる空撮と編集をワンストップでご提供!ハイクオリティの写真・映像ならお任せください。

リバーテクノデザイン

ホームブログ ≫ イベント撮影。花火の撮影は露出が命! ≫

ブログ

イベント撮影。花火の撮影は露出が命!

イベント撮影・花火
介護福祉施設様からのご依頼により、イベントの空撮を行いました。


◆ミッション1 ドローンのアドバルーン化

 「ドローンに垂れ幕をぶら下げて飛行し、お客様にイベント名称をお披露目する」

垂れ幕の構造と、ベターな取り付け方法を試行錯誤で検討し、幾度かの試験飛行を経て実施しました。
飛行操縦も、通常より鋭敏なコントロールを要求しますし、風のわずかな変化にも気を払います。
こうして弊社のドローンは、さしずめアドバルーンとなって、多くのお客様の注目を集めさせていただきました。


◆ミッション2 花火の撮影

 「日中のイベント撮影、夕暮れから打ち上げる花火の撮影」

まだ陽も落ち切らない夕暮れ。

空は真っ黒ではなく、夜の闇に夕陽が溶け込む、まどろみの色合い。
黒ではなく、夕陽の赤でもない。さらには濃い藍色も混ざっています。

花火の背景となる空が真っ暗であれば、写真をきちんと習熟したカメラマンなら、撮影露出はさほど難しくありません。
しかし、今回のようなトワイトライトタイムの場合、露出をどうするかで撮れる内容がまったく変わってしまいます。

今回の場合、以下の通りです。

【一般的な撮影者】

 ①…背景の色合いを無視して、打ちあがる花火にだけ露出を向ける

 ②…花火中心の閃光がピカッと光って、すぐに真っ暗の空になる

 ③…適正露出というものが分からないから露出は機械まかせのオート


【弊社の場合】

 ①…空のグラデーションを考慮しつつ、花火の露出を決定する

 ②…中心閃光だけでなく、無数の火花の末端がはかなく消える瞬間まで写し込む

 ③…適正露出は打ち上げ一発目で即時判断、露出はイメージを反映するマニュアル



”ドローンを飛ばせる” ということは

”美しい映像が撮れる”  というとと同じではありません。


このブログには直接動画をアップロードできないので、youtubeにアップデートしたものをこちらへリンク貼りします。
リバーテクノデザイン

ドローンによる空撮は
あらゆる分野で実績多数の弊社にお任せください

018-816-0404

otoiawase@rtd-drone.com

モバイルサイト

リバーテクノデザインスマホサイトQRコード

リバーテクノデザインモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!