ドローン空撮は秋田県秋田市|リバーテクノデザイン

ドローンによる空撮と編集をワンストップでご提供!ハイクオリティの写真・映像ならお任せください。

リバーテクノデザイン

ホーム ≫ ブログ ≫

ブログ

秋田高校校舎の空撮

無題

県立秋田高校の校舎全景の空撮依頼を頂いておりました。

この度、製本を確認させて頂いたので記念に撮影。
校歌に引用されている、背景の太平山まで見通すことに注力しました。

 

太平山…最後に登ったのはいつだったかなぁ。

DJI Spark 納品

42457848_1958349404223075_798017404771762176_n

小型なのに性能充分!
DJI Spark コントローラーコンボ。
納品前に機体の初期設定、キャリブレーション・調整を済ませておき、お客様に機体の取り扱い方法と基本事項の解説に2時間半。
それから自社管理の屋外フィールドで初フライトのレクチャー。
飛行操縦の指導に約1時間。
ここまでやってなんとか一安心。私自身が(笑)

 

それにしてもフィールドの草刈り、またやらねば。
草丈伸びるの早過ぎる~。。。

東北地方整備局国土交通行政関係功労者表彰

無題

国土交通省東北地方整備局様から、災害対策功労者として局長表彰を頂きました。

被災直後から国や関係自治体と連携をとりながら行った被災状況調査や、国の災害復旧専門部隊TEC-FORCEの後方支援を行ったことが評価されたとのことでした。

 

災害時におけるドローンの操縦および撮影は、普段のそれと大きく異なります。

どこをどう撮るかによって、全く使えない映像になってしまうのです。

河川災害であれば、堤防の破堤箇所を撮るだけではなく、堤内地の冠水範囲、堤防法線に沿った連続俯瞰撮影、堤防護岸崩壊の各種要因の確定に繋がる撮り方を駆使します。

また、災害発生箇所によってはかなり遠方まで飛ばしますので、数km先までの非目視飛行を安全に実行できるスキルと経験が要求されます。

普段からの操縦・撮影訓練は欠かせません。

ドローンのための電波セミナー

30440896_612211605792007_605948394480361382_n

無線の知識強化ならびに”ド忘れ”防止のために行ってきました。
最新の無線事情や無線機器の情報収集が目的です。
ドローンを業務で使うならば、無線の知識は人並み以上になければいけないと思うから。
しっかり学んできましたよ。

ドローン活用技術セミナーに参加

KLAU PPK

久しぶりの東京。
ドローン活用技術セミナーに参加中。
先日のドローン展でも話題となっていたKLAUのGNSSシステムPPKがお目見え。頭の上のチョンマゲが特徴的です。
KLAUのPPKが普及すればGCPの設置が将来的に不要となるので、極めて効率的なドローン測量が可能となります。

あとは国土地理院が一日でも早く、航空測量マニュアルを改訂してくれることを祈るのみです。
お値段はKLAUのシステムのみで150万円超の見込みなり。高ぁーーーーい!!
けど、RTKが要らなくなると思えば安い…かも。
そして注目のphase oneの1億画素カメラは350万円から。
これまた、高ぁーーーーい(´⊙ω⊙`)

この他にも色々勉強になりました。

出品前の点検整備

ph2+_1
Phantom2 Vision+

それはDJIがカメラ一体型ドローンとして世に出した最初の機体です。
今ではドローン本体とカメラが一体となっているのが一般的ですが、ほんの少し前まではカメラやジンバルは別途に加工して搭載していました。
Phantomには主にGOPROカメラを搭載するユーザーが多かったのですが、Phantom2 Vision+を境に自社カメラをジンバル付きで搭載するようになり、現在のスタイルに至っています。

そんなPhantom歴史の大転換期にあたる本機。
このたびオークションに出品するため点検整備を行いました。
この頃はESCがメイン基盤と分離されていたので、個別に交換が可能でした。
現在はメイン基盤に一体的に組み込まれているため、どれか一つのESCの不調でも基盤交換を余儀なくされた仕様になっています。
製造工程は省力化されたと思いますが、ユーザーとしてはちょっと困りものですね。

玉川の氷壁

氷壁
雪深い地方には豪雪ゆえに冬期間通行止めになる地域があります。

秋田県の内陸に位置する仙北市田沢湖玉川五十曲地域もそのひとつ。

冬期の国道341号線は東北地方整備局管理の玉川ダムより先へ進むことはできません。
ただ、すべての車両がダメというわけではなく、事前に許可証を発行された者は通行できます。
とはいえ、誰にでも許可が下りるわけではありません。
通行目的の妥当性や車種・ナンバー、随行者などが通行前に厳重にチェックされます。

厳重なゲートの先。
人丈以上の雪壁に挟まれた細道を進んでいくと、ある所に特別な景色が現れます。

しずくがつららとなり、大小のつららが幾重にも重なってできた氷壁。

透過光が氷の青と空の蒼を対比演出しています。
人為的に造ることが難しい、なんとも美しい色合いです。

そこはうっかり見落として通り過ぎてしまうかもしれません。
たとえ見つけても、ここに停車することはできません。
この区間は停車が禁止なのです。

業務遂行のために毎冬この場に立つことができる、私の小さな楽しみのご紹介でした。

納品前の機体チェック【phantom4pro】

納品チェック
弊社ではお客様よりご注文頂くドローンに対して、あらゆる点検を行ったうえで納品しています。

初期設定や機体各部の正常動作、各部の緩みチェックや増し締めなど、点検・設定・調整項目は数十項目に及びます。

Phantom4proをはじめ、DJI社のドローンは高性能・多機能ですが、そのぶん設定項目が多いため、購入当初はまず間違いなく混乱すると思います。
せっかくワクワクと胸を高鳴らせて購入したのに

「分からない用語が多すぎて調べるうちに疲れてしまった。。」
 

これでは残念すぎますよね。

”きちんと安全に事故なく、飛ばしたい"

 
そうお考えの常識あるお客様ほど、上記の残念な状況に陥りやすかったりします。

そこで今回覚えて頂きたいフレーズがひと(^^♪

” ワクワクはそのままに。面倒はリバーテクノに! ”

 

リバーテクノでは、”売りっぱなしの投げっぱなし”はいたしません。

機体の調子やお客様の操縦錬度を定期的にヒアリングして、点検や調整、運用方法など、最適なアドバイスを随時提供させていただきます。

お客様の安心フライトのために弊社ができることのひとつです。

INSPIREハンドキャッチ_2

inspire ハンドキャッチ_2改
先日組み立てたハンドキャッチ用パーツを機体に組み付けました。
運搬ケース内の緩衝材の切削加工が必要になりますが、これでINSPIREのハンドキャッチが安全にできるようになりました。
図らずもアームの剛性が増強されて一石二鳥です。

ちなみにモーターに被せているのはシリコンキャップです。
撮影現場の多くは屋外です。粉塵や異物の侵入を防ぐとともに、分解整備時の”逆立ち”によるアタリを防ぎます。
弊社では、こういった神経質ともいえる小さな配慮の積み重ねによって、飛行安全度を上げています。

INSPIREハンドキャッチ_1

inspire ハンドキャッチ_1改
ドローンを人の手で直接キャッチするハンドキャッチ。

phantomでは操縦者の片手でも簡単にできるハンドキャッチですが、INSPIREではきわめて難しくなります。
機体重量の面だけでなく、可動アームの構造上、安全に掴める部位がないからです

撮影現場によっては地面に着陸させたくない場所や、そもそも着陸できない場所が
あります。
これまでは機体監視者が頑張ってやってくれていたのですが、機体監視者の要望を受け、INSPIREの安全なハンドキャッチを可能にするパーツを組立てました。

なお、ネジを含むすべてのパーツの重量を計り、増加重量の把握をして機体カルテに追記しました。
機体重量の管理は空モノの基本ですからね。
リバーテクノデザイン

ドローンによる空撮は
あらゆる分野で実績多数の弊社にお任せください

018-816-0404

otoiawase@rtd-drone.com

モバイルサイト

リバーテクノデザインスマホサイトQRコード

リバーテクノデザインモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!